日記や趣味、学んだことを忘れないようにして記録するサイト

mz8k

備忘録

画像の一部をぼかすバッチ処理

更新日:

2:スポンサーリンク

360度カメラでストリートビューをGoogleにアップロードするときに、撮影者が出来るだけ写らなくするのが良い方法だけど。やはり人が多いところでは三脚を使って撮影するのは難しい。
まあ、自分が写っていても気にしないのだけど、場合によってはボカシをかけた方が良いときもあるので、その画像の一部をぼかすバッチ処理の方法のメモ。
前提条件としては、ぼかしたい対象が「だいたい」同じ位置にある場合の連続ボカシ方法である。

要するに、撮影者をぼかしたい

数枚なら手作業で

10枚程度なら手作業で丁寧にボカシをかけることは可能なんですが、これが数百枚となるとなかなか難しいので、良いバッチ方法が無いかと調べてみました。

ここのサイトを参考にしました

参考サイト

1:スポンサーリンク

GIMPを使って、ぼかす画像の場所は同一になりますが、連続して画像ファイルを修正するスクリプトが載っています。

さらに個人メモ

plug-in-gauss 1 image drawable 50 50 1
この 50 50を変えるとブラー量(ボカシの度合い)が変わる
まあ、
plug-in-gauss 1 image drawable 200 200 1
ぐらいにすると、良いかもしれない

画像のぼかし位置の決定

この紹介したツールでは、ぼかす位置を設定しなければならないがフリーソフトのXnViewMPというソフトで画像を表示してマウスカーソルでぼかす場所を指定してやれば数値が分かる

1:スポンサーリンク

赤と黄色の部分をX:Y:、Width:Hight:に設定してやれば良い

3:スポンサーリンク

-備忘録

Copyright© mz8k , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.