注目キーワード
  1. Youtube
  2. 360VR
  3. Vegas Pro

VEGAS Post 20が2万円切ったので買ってみた

本日(2022/09/15)、ソースネクストからVegas登録ユーザ宛に「バージョンアップ」連絡が来て「VEGAS Post 20」に19,800円でアップデートできると言う連絡が来たので、購入検討のメモです。

スポンサーリンク_123

VEGAS Post 20とは

Postというバージョンは、Vegas18から入ったソフトウエアパックで「VEGAS Effects」と「VEGAS Image」がセットになっています。たぶんポストプロダクション (Post-production)という意味からきていると思います。

VEGAS Post 20のソフトウエアを簡単に説明すると「VEGAS Effects」はモーショングラフィックスソフト、「VEGAS Image」は画像合成ソフトといった感じ。
以下は、Vegas20の製品毎のバンドルされているソフトウエアの種類です。もし購入するのであれば最上位のVEGAS Post 20がおすすめです。

VEGAS Edit 20 VEGAS Pro 20 VEGAS Post 20
映像制作ソフト「VEGAS Pro 20」
ライブ配信用ソフト「VEGAS Stream」
クロマキー合成プラグイン「Boris FX Primatte Studio」
サウンド編集ソフト「SOUND FORGE Audio Studio」
サブスクリプション「ActionVFX Free Starter Subscription」
視覚効果(VFX)・モーショングラフィックス「VEGAS Effects」
画像合成「VEGAS Image」

類似ソフトで代用出来なくは無いけど

世の中には便利なフリーソフトがいっぱい流通しています。サウンド編集ソフトなら「Audacity」、モーショングラフィックスはフリーソフトが見つけられませんでしたが「PowerPoint(有料ですが)」とかでエフェクトを表現出来たりしますし、画像合成なら「GIMP」など使えば、それとなく作品は出来そうです。

しかし、「VEGAS Pro 20」をベースとして素材の書き出しや編集、書き戻しなどユーザーインタフェースを考えるとVEGAS Post 20の様に一元したソフトウエア構成が一番だとおもいます。

それの集大成が「Adobe Creative Cloud」だと言うことに意義はありません・・

スポンサーリンク_123

VEGAS Post20購入してみました

購入先は、ソースネクストです。Vegas Pro 19ユーザ(他のバージョンも)の場合、59,800円から19,800円へディスカウントしての販売(インビテーションのメールが来ます)

久しぶりにソースネクストからソフトウエアを購入するということで500円の割引クーポン
そして、前回株主優待でもらった1,000円クーポンを使用して、私の場合は18,096円にて購入をしました

Vegas Post 20購入&ダウンロード

ダウンロードして解凍したサイスが3.48GBでした。
ランチャーを起動すると以下のソフトウエアインストールが可能になります(ソースネクストではここまで詳細な説明は無かったですね)
・Vegas Pro 20(画像編集)
・Vegas Deep Learning Models(AI機能の利用)
・Vegas Stream(ライブ配信)
・Sound Forge Audio Studio 16(サウンド編集)
・NewBlue Live2Post(録画したライブ映像をVEGASへ出力)
・Boris FX Primatte Studio(クロマキー合成)
・Activation VFX Free Starter Subscription(視覚効果・VFX)
・Vegas Image 4
・Vegas Effect 4

スポンサーリンク_123

Vegas Post 20インストール

まずはVegas Pro 20

インストール後アクティベーションを行うために、シリアル番号を入れますがややこしいぞ

ソースネクストのマイページにVegasPost20のシリアルが書かれていますがVegasPost20とSOUND FORGE Audio Studio 16とハイフンで切られているだけ。実際のアクティベーションにはVegasPost20のP3-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxx-xxxxのコードを入力します。またMAGIX社でアクティベート管理を行っているので、併せてMAGIX社に対してアカウント作成を行います。

Boris FX Primatte Studio

英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語で書かれたPDFが表示されます。borisfxのページに飛ぶような説明がありborisfxへのアカウント作成。activation keyによる有効化(ダウンロード)が出来るようになります。ダウンロードされるのは「Continuum_2022.5_OFX_Hosts_15_5_2_Windows.exe」2022/05版です。既にVegasPro19をダウンロードしている場合には「Continuum_2021.5_OFX_Hosts_14_5_3_Windows.exe」あたりをインストールしていると思いますので、まあバージョンアップですね。

Activation VFX Free Starter Subscription

ActionVFX から無料の 1 か月のスターター サブスクリプションを取得出来るらしい。期間限定なので、申し込むかどうかはユーザ次第(私は無視しました)

Vegas Image 4/Vegas Effect 4

とりあえずインストールする、インストールが終了したらVegasPostでアクティベーションされているVegas Pro 20を立ち上げると、自動的にVegas Image 4/Vegas Effect 4もアクティベーションされます。

Vegas Image 4システム要件がインストールするタイミングで出てくるので、古い機種を使用しているユーザーは対応出来ないかもしれません。

VEGAS Post 20インストールの感想

ハッキリ言って難しいですね。私は、VegasPro歴10年以上なのでVegasProにおける、「ソースネクスト」と「MAGIX(古くはSony Creative Software)」と「Boris」の関係性を理解出来ていて、各々にアカウント設定をしていたので特に問題無くインストール出来ましたが、初めてのユーザーにとってはアカウント作成とかか、関係性とかの理解が難しいと思います。

また、エフェクトの説明は英語がメインですので英語アレルギーのある方はハードルが高いかな?と思います。

Vegas Effect 4について

勉強中です。

スポンサーリンク_4