注目キーワード
  1. Youtube
  2. 360VR
  3. Vegas Pro

Vegas Pro 19 何故かアップデートを繰り返す

Vegas Pro19のアップデータがあるといいうので「更新を今すぐ行う」を実行するが、ダウンロードが終了して更新されない事象が発生したので、その時のメモ


結果的には、C:¥Users¥<ユーザ名>¥AppData¥Local¥VEGAS Pro¥19.0配下にアップデートファイルがあるので、そのファイルを実行すれば完了します。

スポンサーリンク_123

Build636変更点

注意
アップデートで保存したプロジェクトは、以前のビルドのVEGAS Pro 19では開くことができません。

新機能

  • エフェクトのキーフレームアニメーションにベジェ曲線が追加されました。
  • Speech to TextがOSの言語を自動検出するようになりました。
  • 最新バージョンのOFX仕様に対応するためのアップデート
  • モーションブラーFX
  • ハードウェア検出により、同一ベンダーの複数のGPUを扱えるようになった
  • カラーグレーディングをトラック、メディア、ビデオ出力レベルに適用できるようになりました
  • カラーグレーディングパネルにブライトネスとコントラストのコントロールを追加
  • イベント時にロックされたインジケータを表示
  • タイトルとテキストジェネレータの背景をテキストにバインド
  • カラーグレーディングカーブオプションのパフォーマンス向上
  • プロジェクトの出力アスペクト比に合わせてビデオを自動的にクロップ
  • Speech to Text用にカスタマイズされた字幕の作成
  • メディアへのアスペクト比のマッチングを許可する新しい設定
  • シーンとショットの検出のためのGPUアクセラレーション
  • Text to Speech用の言語と地域方言の追加
  • 垂直アスペクト比のプロジェクト用の新しいテンプレート
  • 垂直アスペクト比のプロジェクトをレンダリングするための新しいテンプレート

バグフィックス

  • トラックレベルエフェクトを追加した後、Bypass Allを選択するとクラッシュすることがあった問題を修正
  • Border FX が GPU メモリを適切に解放するようになりました。
  • マウスドラッグによるベロシティ変更時にイベントの長さが正しく設定されるようになりました。
  • 使用頻度の低いプロジェクトプロパティを別のタブに移動し、ダイアログのサイズを小さくした
  • オーディオトラック上の可視ボタンセットの編集が適切に動作するよう修正
  • カラーグレーディングレイアウトでハブウインドウが適切に表示されるようになりました
  • BRAW デコードのパフォーマンス向上
  • ドライバーアップデートデータベースが新しい NVidia と AMD カードを検出するようになりました。
  • エンベロープポイント追加後、シフトキーが固まる問題を修正
  • ハブエクスプローラーのリストと詳細表示で、ソートとグループ化オプションが一貫して適用されるよう修正
  • 新しいハードウェアの検出が DXGI GPU で適切に動作するよう修正
  • VEGAS Pro 18 のノート付きプロジェクトを VEGAS Pro 19 に読み込むとクラッシュすることがなくなりました。
  • オーディオトラックでInvert Phaseメニュー項目を選択すると、正しく動作するようにな りました。
  • カラーカーブ FX をエフェクトチェーンに追加すると、クラッシュすることがありました。
  • glTransitions プラグインを使用するとクラッシュすることがありましたが、修正しました。
  • サブクリップのメディアと回転のプロパティが正しく保持されるようになりました。
  • サブクリップを削除しても、親メディアが再生できなくなることはなくなりました。
  • コンテキストメニューの選択部分を隠すオプションが動作するようになりました。
  • プラグインマネージャーの使用時に発生する可能性のあるクラッシュを修正
  • タイムライン上にデータをペーストするとクラッシュすることがありました。
  • 再生中に起こる可能性のあるクラッシュを修正
  • 複数のイベントで不透明度やゲインをドラッグする際の一貫した動作
  • Boris Continuum 2022.5でクラッシュすることがあった問題を修正
  • 自動保存の終了時にハングする可能性があった問題を修正
  • いくつかのインターレースレンダリングテンプレートの名称を修正
  • Muxing ステップに過度の時間がかかる状況下で、レンダリング進捗に適切な時間情報を表示するようになりました。
  • タイムラインがネストされたプロジェクトをロードする際に発生するクラッシュの修正
  • ネストされたタイムラインを持つプロジェクトをレンダリングする際、レンダリングプログレス内の時間情報が正しく表示されるようになりました。
  • インターレースフリッカーを軽減] オプションが全てのメディアで適切に動作するよう になりました。
  • レンダリングに 1 日以上かかる場合、レンダリング進捗の時間情報が正しく表示されるようになりました。
  • VEGAS が特定の AVI ビデオを読み込まない問題を修正
  • イベント上でカラーグレーディングボタンをクリックすると、そのイベントも選択されるようになりました。
  • オーディオイベントを分割するとクラッシュすることがあった問題を修正
  • ビデオプラグインウィンドウの初期検索で、長い遅延が発生することがありました。
  • カラーグレーディングパネルでアンドゥやリドゥを行うとクラッシュすることがあった問題を修正
  • ディープラーニング効果の実行に必要なOpenVinoライブラリの追加

Build643変更点

  • スマートズームプラグインでカラーグレーディングパネルを使用するとクラッシュする問題を修正しました
  • ハードウェアエンコーダーとデコーダーの使用法は、関連する設定で期待どおりに機能します
  • ProRes444のレンダリングが修正されました
  • HEVCメディアがタイムライン上にあるときにシャットダウン時にクラッシュしなくなりました
  • 設定はビルド550から適切に引き上げられています
  • GPUアクセラレーションをオフにすると、32ビットプロジェクトのパフォーマンスが向上します
スポンサーリンク_4