日記や趣味、学んだことを忘れないようにして記録するサイト

mz8k

備忘録

PAV-HMS420/220でCentOS7でファイルサーバーを構築(samba運用)した話

更新日:

2:スポンサーリンク

四苦八苦しながら、なんとかBUFFALOネットワークメディアプレイヤー (LT-V200)から参照できた

簡単に説明します

以下の設定類を有効化/無効化します。

・SELinuxを無効化
・LLDPを有効化
・TCPの445番ポートを開放
・firewalldというファイアウォールを 無効化

ひょっとしたら、セキュリティ面や余計な事を行っているかもしれませんが。とりあえずネットを巡回して、調べて、試して、結果OKだったのでそのメモです。

smb.conf

smb.confは以下の通り

[global]
unix charset = UTF-8
dos charset = CP932

workgroup = WORKGROUP

security = user
map to guest = Bad User

hosts allow = 192.168.1. 127.

domain master = no
local master = Yes
preferred master = Yes
os level = 65
load printers = no

log file = /var/log/samba/%m.log
log level = 4

client max protocol = SMB2
client min protocol = SMB2

#server min protocol = SMB3
#max protocol = SMB3
#min protocol = SMB3

#client max protocol = SMB3
#ntlm auth= yes

最後に

上記設定で、私が運用しているPAV-HMS420に対してパソコン(Windows10)からも BUFFALOネットワークメディアプレイヤー (LT-V200) からも、ファイルアクセスが出来るようになりました。

よかったです。

3:スポンサーリンク

-備忘録

Copyright© mz8k , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.