日記や趣味、学んだことを忘れないようにして記録するサイト

mz8k

日記

ZOOM H6 分解修理

更新日:

2:スポンサーリンク

結果的には、 分解までは出来ましたが修理できずに、部品取りとして使うことになったZOOM H6をまとめた記録。もともと、動作しているZOOM H6を持っておりけっこう機能的に良かったので安ければ本体をもう1つ欲しかった(または修理用の部品取りとして・・)たまたまメルカリで「電源入りません」というZOOM H6ジャンク品が出品されていたのでダメ元で購入。ちょっと高い買い物になったかもしれないけど部品取り出来そうだったのでその記録です。

本体とケース、防風のスポンジは付いていました

本体の見た目は綺麗&結果は(先にネタバレ)

本体到着後、見た目は綺麗で電源が入らなかったので簡単な修理で復活するかな・・・と淡い期待で本体をあけてみまいたが、メイン基板が修理できないぐらいぐらい腐食していました。たぶん、水没か雨の中で使用したのではないかと思われます。後ほど書きますが、基板の綺麗な部分を腐食している部分の差が激しいので、多分水没させてしまったZOMM H6を一生懸命乾かそうとしたのでしょう。見た目上乾かしても水滴が残ってしまえばそこから錆が発生し最後には腐食して動作不能に・・まさにそんな感じでした。

見た目「だけは」綺麗

1:スポンサーリンク

マイクロスコープで拡大してみると基板とコネクタ部が完全に錆びており金属部が腐食している状態です。ここまで腐食しているとコネクタ交換しても基板との端子も導通しなくなるので、もし修理するとなると基板交換となると思います

基板の接続部がさび付いて 腐ってます(^^;)

1:スポンサーリンク

もしメーカーに修理に出すと修理代で中古のZOOM H6が変えちゃう感じがしますのでこの時点で修理諦めました。

ZOOM H6 分解方法

ネジとつまみを外します

普通のプラスねじですが、探し当てるのに時間を要しました。裏面に6カ所、マイク部に4カ所、表に4箇所と入力レベルのつまみを外します(合計ネジ14本+つまみ4カ所)。なくさないように小さいお皿や箱にしまうと良いかもしれません。

裏に6カ所のネジがあります
マイクの所に4カ所のネジがあります

1:スポンサーリンク

表のネジ4本と入力レベルのダイヤルを外し
ます

カバーを外します

3:スポンサーリンク

-日記
-

Copyright© mz8k , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.