日記や趣味、学んだことを忘れないようにして記録するサイト

mz8k

360VR

Street Viewを自分で作る2

更新日:

2:スポンサーリンク

ストリートビュー対応製品と言うのを使ってみる(体験談)、GSV(Google Street View)へ360度画像を投稿する場合、一番簡単なのはスマートフォンのアプリを使用するのが一番簡単で安く出来る。それなのに、わざわざ英語版の場合によっては有料になるストリートビュー対応製品を使用するとどんな利点があるか調べたい。

サブスクリプション 契約の有無

一部フリーでつかえる機能はありますが、もし本格的に作業を考えるのであれば費用はとても大切です。軽くGSV対応製品を調べると、サブスクリプション(月額課金)と完全買い取り型があります。https://www.panoskin.com/pricingの場合月額$20(約2,200円/月)、Pano2VRは€149.00 (18,000円ぐらい)Pano2VR proで€349.00(42,000円ぐらい)。まあぶっちゃけ高いですね、プロとして収入目的なら購入してもかまわないと思いますけどね。

Pano2VRを使ってみようかな

Pano2VRのトライアル説明文

好きなだけPano2VRをダウンロードしてテスト出来ます。Pano2VR Proで透かしやノードの制限を表示せずにPano2VRを使用する場合は、ライセンスキーを注文する必要があります。

と有りますので、とりあえず若干の制限があるもののお試しでは好きなだけ使用することが出来ます。(趣味レベルなら、これでGSVにアップしても大丈夫なのかな?)とりあえず、お試しで使ってみようと思います。

とりあえず無料なのでインストール

ここからインストールできますが。なんと日本語対応しています、見えますかね。インストール時に言語選択があり、「Japanese/Nihongo」という項目があったのでインストールしてみると下記のように日本語メニューが出ます。

1:スポンサーリンク

Pano2VRの使い方

まず、Pano2VRを起動するとLightかPro版を試すことが出来ます

1:スポンサーリンク

3:スポンサーリンク

-360VR
-,

Copyright© mz8k , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.